Company 企業情報

健康経営への取り組み

1&Dグループが目指す「健康経営」のミッション

図

上記3つのミッションを同時並行的に実現していくことを目指して参ります。

お客様の、健康かつアクティブな人生への応援

日本は長寿国家になってはいますが、平均寿命と健康寿命(介護無しで自立して生活)には開きがあります。
本来は単に長生きするだけでなく、健康でいきいきと老後を楽しむ、つまり健康寿命を延ばすことが重要だと考えております。

平均寿命健康寿命
男性80.2歳71.1歳
女性86.6歳74.2歳

一般的に健康にとって、「肉」のイメージは決して良好ではありませんでしたが、近年、健康寿命を延ばすには、肉が必要な食材であることが科学的に証明されてまいりました。

1&Dグループは、肉を通して、「お客様の、健康かつアクティブな人生への応援」に取り組みます。
そのために、ワン・ダイニング、ダイリキの各店で、肉食シニアを応援する施策や健康情報の発信にも取り組んでまいります。

働く人々の、幸せで豊かな生活実現支援

1&Dグループは、従業員の幸せで豊かな生活実現支援を目指し、そのために「従業員の【働き甲斐】と【働きやすさ】の両立」に取り組みます。

主な取り組み内容
(1)健康診断の100%受診
一般検診受診率100%となるよう取り組み、再検査・要治療者への受診勧奨により重症化予防に努めます。
(2)協会けんぽ、産業医、保健師とのコラボヘルス
協会けんぽ、産業医、保健師との連携を強化し、従業員の健康保持増進に努めます。
(3)メンタルヘルスへの取り組み
ストレスチェックの100%実施、高ストレス者への産業医面談勧奨、社員相談窓口の設置など、メンタルヘルスの向上に努めます。
(4)ワークライフバランスへの取り組み
残業時間削減による労働時間の適正化に努めます。
残業時間 月間22時間以内を目標にし、1分単位での残業代の支給と削減した残業代の従業員への還元にも努めます。
また、連続休暇の取得率向上に努めます。
(5)禁煙・受動喫煙対策への取り組み
勤務時間内禁煙に努めます。
敷地内禁煙により、受動喫煙防止に努めます。
(6)従業員の健康増進への取り組み
外部機関活用による福利厚生の充実化と社内運動会実施による従業員の更なる一体感の向上に努めてまいります。

会社業績の、健全かつ継続的改善推進

1&Dグループは、健康経営の実現を通じ企業価値を高め、お客様と働く人々の満足度を向上することにより、会社業績の健全かつ継続的改善を目指します。
それにより、お客様と働く人々への更なる健康支援に取り組んでまいります。