Company 企業情報

創業者メッセージ これからも「いい店」への思いを追求し続ける

創業からの変わらぬ想い

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
昨年、私どもは創業五十周年という大きな節目を迎えることができました。

思い起こせば1971年、フランス・パリの世界最大の食肉専門店「ベルナール」との出会いにより、私の運命は大きく変わりました。明るく清潔な店内はお客様であふれ、100名を越える店員たちの表情には「自信」と「誇り」が満ち溢れていました。たくさんのお客様に愛され、従業員が誇りを持てる「いい店」をつくりたい。深い感動とともに、肉屋を一生の仕事にしようと決意した私は、その日から「いい店とは何か」を考え続けてきました。数えきれないほどの失敗もありました。時代の荒波に飲まれそうになる時もありました。しかし、いつも自分自身の経営の原点である、当たり前のことを当たり前にするという「基本の徹底」と、時代のニーズをとらえた「変化への対応」を実践することで、ここまで成長することができました。

さらなる高みを目指して

これからますます人々の暮らしは変わり、お客様のニーズが多様化する中、「いい店とは絶えず成長していくもの」だと考えています。現状に満足せず、さらなる高みを目指しながら、常にアンテナを巡らせて、お客様の一歩先のニーズをとらえていく、この「変えていく力」が私たちの強みだと思っています。
11月1日、ワン・ダイニングとダイリキが一つとなり、1&Dホールディングスグループとしてスタートを切りました。これからはグループとして力を合わせ、1+1が2ではなく、3にも4にもなるように、絶えず変革を起こしてまいります。

今後とも引き続きご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

取締役会長 高橋健次